[Shuji Sado]

About Shuji Sado (佐渡 秀治)

OSDN株式会社 代表取締役社長
Open Source Group Japan, Executive Director

I'd been involved with Linux since 1994 when I was still a college student, and it was in 1998 in Kyoto that I hosted Linux Conference which is known for one of the Open Source events at the earliest stage in Japan. Then in 1999, I strove to found Japan Linux Association. After the foundation, I stayed there for two years as the director. In 2000, I founded Open Source Group Japan, and ever since, I've conducted Open Source trademark management and OSS licenses translation. In the same year of 2000, when VA Linux Systems Japan was founded, I held two posts, Vice President of Marketing and Vice President of OSDN division till August 2007. In September 2007, I founded OSDN which is a spin-out company from VA Linux's OSDN division, and assumed the position of CEO. OSDN K.K. is known for operating two websites called SRAD (formerly known as Slashdot Japan) and OSDN (formerly known as SourceForge.JP). I am also involved in these websites as an editor and admin.

My last education degree is master’s degree in Industrial Engineering at Graduate School of Engineering, Kanazawa Institute of Technology. After I received my degree, I worked at Kanazawa Keizai University (Presently known as Kanazawa Seiryo University) for three years.

大学学部生時代の1994年ぐらいからLinuxに関わりだし、1998年にLinux Conferenceとして知られるイベントを京都で開催する。 その後、1999年に日本Linux協会を設立するために東奔西走し、その後2年を理事として留まる。 2000年に、Open Source Group Japanを設立する。 同じく2000年にVA Linux Systems Japan(株)の設立とともに参画し、2007年8月までマーケティング部部長およびOSDN事業部部長を 兼務する。2007年9月にVA Linux社からOSDN事業をスピンアウトさせ、OSDN株式会社を設立し、代表取締役社長に就任する。 OSDN株式会社は、SRAD(旧Slashdot Japan)、OSDN(旧SourceForge.JP)という2つのサイトを運営していることで知られている。 各サイトの一編集者、一管理者としても活動を行っている。最終学歴は、金沢工業大学大学院工学研究科経営工学専攻(修士)。 金沢工業大学を修了後、3年間を金沢経済大学(現金沢星稜大学)総合情報センターに所属している。

Contents

OSSジャーナル (日記のようなもの)
オンラインメディアでの掲載
OSDNお薦めプロジェクト


引用、再掲載、再頒布はご自由に
Copyright © 2008 Shuji SADO
e-mail: sado opensource.jp for private, open source software activities.
e-mail: sado osdn.jp for OSDN's work.