[ トップページ ]

米国SCOの対IBM訴訟へのポジションペーパー

オープンソースグループ・ジャパンでは、 米国の非営利団体「 Open Source Initiative」が公開している 米国SCO Groupによる対IBM訴訟に対するポジションペーパー ( OSI Position Paper on the SCO-vs.-IBM Complaint)の日本語翻訳文書を 下記のリンク先ページで公開しています。

「SCOによる対IBM訴訟に関するOSIのポジションペーパー」 (Revision 1.14 日本語版)

このOSIによるポジションペーパーは、OSIのPresidentである Eric Raymond氏が中心となって書き上げられ、SCO Groupが主張する 事項に対してのOSIとしての見解をまとめたものです。 オープンソースグループ・ジャパンは、今回の訴訟に関連して、 オープンソース・ソフトウェアに対して不要なFUD (不安(Fear)、不確実 (Uncertainty)、不信(Doubt))情報が錯綜する可能性を憂慮し、この文書 を翻訳し、広く一般に公開することに致しました。

翻訳に際しては、VA Linux Systems Japan株式会社 OSDN事業部と 株式会社トップスタジオからの協力を頂きました。

なお、この翻訳文書に書かれている意見は、原文の著者のものであって、 必ずしもオープンソースグループ・ジャパンおよびその支援組織の考えを反映 しているわけではありません。


このサイトに関するご意見・ご要望は board opensource.jp までお願い致します.