クリエイティヴ・コモンズに関する悲観的な見解

昨今注目を集めているクリエイティヴ・コモンズは、果してこれ以上に普及するのだろうか。ソフトウェアにおけるオープンソースとの比較から、問題点を洗い出してみたい。

はじめに

クリエイティヴ・コモンズ (Creative Commons, CC)は 2001年、スタンフォード・ロースクールのローレンス・レッシグ (Lawrence Lessig)教授を中心とした様々な分野の専門家たちによって立ち上げられたプロジェクトだ。ソフトウェアの世界におけるオープンソース/フリーソフトウェアの成功に刺激され、ソフトウェア(プログラム)以外の著作物全般にもオープンソースと同様の「自由」を取り戻そうという試みと位置づけられる。日本でもクリエイティヴ・コモンズ・ジャパンが設立され、現在は主に日本法との平仄という見地からクリエイティヴ・コモンズのライセンス的な吟味が続けられているようだ。なお、クリエイティヴ・コモンズそのものに関する良い手引としては、荒川靖弘さんの「クリエイティブ・コモンズ」についてがよくまとまっている。今までソフトウェアにおけるオープンソースには関心があったが、それ以外の著作物におけるクリエイティヴ・コモンズには関心がなかったという向きにはぜひ一読をお薦めしたい。

筆者も、GNU フリー文書利用許諾契約書(GNU FDL)や、後にクリエイティヴ・コモンズに合流したオープンコンテント利用許諾契約書(OPL)のレビューや翻訳を行ったこともあって、オープンソース的な発想をソフトウェア以外の著作物に敷衍する試みには常に関心を持ち続けてきた。生来の怠惰でクリエイティヴ・コモンズというプロジェクト自体には余りコミットして来なかったが、その動向にはある程度注目してきたつもりである。また、最近では筆者も(幸か不幸か両方の)メンバであるDebian ProjectFree Software Foundationの間でソフトウェアと文書のライセンスを巡る大論争が起こっており(この件に関しては後日まとめたい)、文書のようなソフトウェア以外の著作物に関する議論に改めて目を向けたということもあった。

そして2年が経過した。物事にとりとめがつくには多大な時間がかかるということを考慮に入れても(フリーソフトウェアは20年かかった)、率直に言って、筆者にはクリエイティヴ・コモンズが期待されていたほど成功しているとは思えない。確かに知名度は上がったし、メディアに登場する頻度も高くなった。クリエイティヴ・コモンズには昨今のやみくもな著作権保護強化に反対するキャンペーンという側面もあるので、パブリシティを得たのは成功の一つと言えるだろう。また、クリエイティヴ・コモンズのウェブサイトには毎週様々な「成功例」が挙げられており、盛況であるかのようにも見える。

しかし、いくつかの例外を除けば、見たところその内実はコラージュ、寄せ集めの類が多いようで、著作物としてのバリエーションや独創性といった点で不満が残る。また、名のある(商業価値のある、と言ってもよいだろう)アーティストで自作にクリエイティヴ・コモンズを適用したという人はほとんど見かけない。また、MITの授業教材の公開などが与えたインパクトを決して過小評価するわけではないが、いわゆるメディア産業で自社コンテンツをクリエイティヴ・コモンズの下で公開するという動きも大きな潮流にはなっていないように思う。

また、Googleで検索してみると、内外を問わず、世のクリエイティヴ・コモンズが適用された著作物の大半は、いわゆるblogの類のようだ。blogが悪いというわけではないが、blogだけというのも少々寂しい状況ではなかろうか。しかも、(特にMovableTypeを利用した)bloggerたちがきちんとクリエイティヴ・コモンズを把握して使っているわけではないことは、たとえば日本のJapan Blog Association (JBA)を巡る騒動ではからずも露呈してしまった(この件に関してはJBAの問題点に関する報告が詳しい)。

このようなクリエイティヴ・コモンズの現況を、IBMを筆頭とした営利企業も次々と自社製品をオープンソース化しつつある昨今のオープンソースを巡る状況と比較すると、歴史が浅いということを差し引いても今ひとつ力強い推進力に欠けているように思われてならない。

加えて筆者が問題だと思うのは、クリエイティヴ・コモンズを積極的に生かしたコラボレーションがほとんど起こっていないように見えることである。本来クリエイティヴ・コモンズは、他人との共有を前提に公開されたコンテンツを増やすことで、自由かつ簡単に利用できる著作物のプールを作り出し、それによって新たな独創がさらに生み出されるという知の拡大再生産をねらっていたはずである。しかし現在は、単にクリエイティヴ・コモンズのライセンスが適用された著作物がごろごろ転がっているというだけで、作者間の相互の関わりが盛んに行われているようには見えないし、逆にクリエイティヴ・コモンズであろうがなかろうが活発なコラボレーションが行われている場はいくつも存在する。さらに、日々活発な活動が続けられているオープンソースによるバザール開発の現場と比較すれば、その差はいよいよ明白になると思う。

クリエイティヴ・コモンズは生まれてから日が浅く、魅力的なコンテンツはまだ少ない。それは仕方がないことだ。ゆえに、それがクリエイティヴ・コモンズが新たな創造を生み出すという点でそれほどめざましい成果を挙げていない唯一の理由であれば、時間が解決してくれることであって、大した問題にはならないという楽観的な見方もできる。しかし、もしクリエイティヴ・コモンズが本質的に新たな著作物を生み出す推進力とはならず、また知的財産の公開を促さないため過去の資産を活用できないのであれば、おそらく今後もクリエイティヴ・コモンズは一般に普及することはなく、少数の「目覚めた人たち」の愛玩物に留まるだろう。そういった悲観的な見方も可能だ。

筆者は、実は後者に近い極めて悲観的な見通しを持っている。ソフトウェア(プログラム)といわゆる著作物一般との間に本質的な違いがあり、それがクリエイティヴ・コモンズやそれに類似したオープンソース的な発想の著作物全体への拡大を鈍らせる原因になっているのではないかというのが筆者の考えだ。実際、クリエイティヴ・コモンズより前にもソフトウェア以外の著作物にオープンソース的な概念を適用しようとした試みはいくつかあったが、どれもそれほど目覚しい成功を納めていない。裏を返せば、クリエイティヴ・コモンズは、安易にソフトウェアの世界におけるオープンソースとの類推に頼ってしまったのではなかろうか。

念のため書いておくと、筆者はコンセプトとしての「コモンズ」の重要性を否定しているわけではない。むしろ逆で、筆者はレッシグの積極的な支持者である。しかし、「コモンズ」を実現するための一実装としてのクリエイティヴ・コモンズのロジックが今ひとつ理解できないのだ。端的に言えば、筆者自身が、自分の書いたものをクリエイティヴ・コモンズにしようという気が起こらないということである。よって、ぜひ様々な方からの意見・反論を頂戴したい。また、本稿では「クリエイティヴ・コモンズ」を、Creative Commons Public License(CCPL)のライセンス・オプションの総称として使う。どの属性が指定されていても成立する話にしたつもりである。

著作権者へのインセンティヴの不足

まず検討したいのは、ソフトウェア以外の著作物の場合、そもそも作者、あるいは著作権者に対し、彼らが権利を保有する作品をクリエイティヴ・コモンズで公開させるだけのインセンティヴは存在するのかという問題である。とりあえず、クリエイティヴ・コモンズが世のため人のためになる善行だからなにが何でもやるんだ、という立派な方々は除外して考えたい。世界がそういう方々ばかりになれば喜ばしいと思うが、なかなかそういうわけにもいかないだろう。ここで問題としたいのは、筆者を含めた、自分の満足度をできるかぎり最大にしたいと考えるふつうの人である。いわゆる「合理的経済人」と思っていただいてかまわない。

たとえば筆者自身が自分の書いたものをクリエイティヴ・コモンズにするとして、その行為自体に(たとえば何らかの抗議行動という)意味を見いだせる場合を除いて、原作者としての筆者になんらかのメリットが期待できるのだろうか。オープンソース・ソフトウェアの場合は、有形無形のメリットが公開した側にもあると筆者は考えているのだが(この点に関しては拙稿「オープンソースの定義」の意義を参照されたい)、クリエイティヴ・コモンズが対象とする著作物全般に話を広げると、公開する側へのメリットはとたんに希薄となるように思われるのである。

この問題に関して、クリエイティヴ・コモンズのウェブサイトにあるFAQでも言及している。様々な例が挙げられているが、ここで抜け落ちていることがあると思う。それは、現時点ですでに多数の知的財産を保有する営利企業との関係だ。

言うまでもなく、創造は過去の模倣から始まる。しかし、過去の資産の大半は営利企業が保有しており、彼らは自社の知的財産をがっちりと著作権で保護している。そもそも、彼らがインターネットにおける無断複製の横行という危機に晒されて、著作権の強化を求め始めたのがクリエイティヴ・コモンズ登場の契機の一つだった。そのせいか、クリエイティヴ・コモンズは、フリーソフトウェア論者の目から見ても商業サイドを相当敵視しているように思われる。しかし、彼らは「敵」なのだろうか。

オープンソースの歴史においてターニングポイントとなったのは1997年、Netscape社によるMozillaソースコードの公開だった。Netscape社自体が苦境から脱することはついに無かった(と過去形で語ることには問題があるかもしれない)が、結局オープンソース/フリーソフトウェアが爆発的に成功した要因の一つは、「ソフトウェア自体をプロプライエタリにしなくても、ビジネスとして成り立つ余地はある」ということをはっきりと示した点にある。結局ソフトウェアは結局「使われるもの」であって、原理的に完成するということはなく、常に改良が加えられていくものだ。そのため、保守や改良に高度な技術が継続的に必要となるので、保守や付随するサービスで収益を上げることができる、というのがオープンソースのロジックである。Microsoftですら自社製品(特にWindowsコア)をオープンソースの下で公開すればメリットを享受できると筆者は考えている(直接 Microsoft の日本法人の方にそう言ったこともある)くらいなのだが、このように一般的な企業の取り込みに成功したことがオープンソース/フリーソフトウェアがスムーズに市民権を得た大きな要因の一つだと筆者は考えている

しかし、クリエイティヴ・コモンズやその他の「オープンソース的著作物」の試みでは、収益悪化など危機に直面したメディア産業に、彼らが主張するような「著作権の強化」以外に事態を打開するオルタナティヴを提示できていないように思われる。ソフトウェアにおけるオープンソースならば、保守コストの軽減や他者による改良のフィードバックなど様々なメリットの享受が予想できるが、筆者には著作物一般で同じような議論が成立するとは思えない。ゆえに、従来の企業に、方針を転換させるインセンティヴがほとんど無い。いわゆるレッシグの「コモンズ」の議論で言えば、だからこそ国家による規制が必要となるということになるのだろうが、現実的にはロビイングによる影響力という点でも企業にはかなわない以上、実現困難なことを望んでいても仕方がないと筆者は思う。オープンソース/フリーソフトウェア(特にコピーレフト)が、その普及にあたって従来からある著作権以上の法規制を一切必要とせず、しかも著作権保護が強まれば強まるほどその実効性を奪っていくような仕掛けを持っていたことを想起してほしい。

簡単に言ってしまえばこうだ。マイクロソフトがWindowsをオープンソースにするメリットはある。しかし、ディズニーがミッキーマウスを自主的にクリエイティヴ・コモンズにする蓋然性はないと、筆者は思うのである。営利企業をも巻き込めるようなロジックを考案しない限り、クリエイティヴ・コモンズは限定されたポピュラリティしか享受できないのではないだろうか。

不発のコラボレーション

話は変わって、コラボレーションの問題だ。これに関しては、おそらくコラボレーションの対象となる著作物の性質に強く依存する話だと思うし、もしかすると、筆者の知らないところでは、盛んに創造活動が行われているのかもしれない。しかし、少なくとも筆者の知る限り、クリエイティヴ・コモンズであるがゆえに活発な創造活動が刺激されているという例は、見かけたことがない。

ここでポイントと思われるのは二点だ。まず、ソフトウェアは他の著作物と比べて可分性と再利用可能性が高いということ、そして、ソフトウェアが有用性でその価値が判断されるのに対し、著作物一般では必ずしもそうではないこと。

可分性と再利用可能性というのは以下のような話だ。たとえば、ソフトウェアの世界ではAさんの書いたコードを自分のコードに取り込み、あるいはBさんが作ったライブラリを自分のプログラムから利用して使うということはよくある。しかし、引用という範囲を越えて、夏目漱石の文章をそのまま(あるいは改変して)自分の作品の一部として取り込むというのは、ある種の前衛的な文学作品を除けば考えにくい事態だ。また、「我が輩は猫である」の第二章がいかに優れているからといって、自分の本の第三章にそれを差し込むということもほとんどないだろう。すなわち、いわゆる著作物は「思想又は感情を創作的に表現したもの」(日本著作権法第二条)であるがゆえに、原作者との結合がソフトウェアよりも強く、また部分が全体とより密接な関係を持っている(言い換えれば、「機能」としてうまく一部を分離できないことが多い)ため、他の著作物で再利用することが難しいのではないかと考えられるのである。オープンソースとはある意味ソースコードの再利用性を高める仕組みでもあるわけで、それがゆえに自分のソフトウェアを、利用したいコードと矛盾しないオープンソースのライセンスの下で公開しようとする動機が生まれる。しかし、クリエイティヴ・コモンズが対象とする著作物一般では、結局引用程度でかたがついてしまうケースが多いような気がするのである。

有用性に関しては以下のような議論が成り立つ。先に述べたように、ソフトウェアには原理的に「完成」しない。言い換えれば、ソフトウェアをオープンソースのライセンスの下で公開することで、さらなる改良が見込める。しかし、ソフトウェア以外の著作物は基本的に作者の手を離れた時点で「完成」してしまう。日本でも井伏鱒二や稲垣足穂のような自作の改訂に熱心な作家がいたが、多くの場合自分がいったん書いたものに(誤記や typo の修正という以上に)手を入れるということはあまりないのではないか。すなわち、一般的な著作物でも感想などの「フィードバック」は重要だが、それはあくまでも次作以降に関してであって、その著作物自体を改良していくということにそれほど重点がないのではないかと思うのである。それは、結局のところソフトウェアはあくまで「使うもの」であるということに起因する違いだと思われる。こう考えると、そもそもソフトウェア(プログラム)を著作物に分類していること自体の是非を問わなければならないが、それはまた別の機会の議論としたい。

まとめ

クリエイティヴ・コモンズの目標は、ウェブサイトでも述べられているように「生のマテリアルを増やすだけではなく、それらへのアクセスや再利用を容易にする」ということだ。しかし、本稿で述べてきたように、ソフトウェアとそのほかの著作物の定性的な性質の違いのために、そもそもクリエイティヴ・コモンズが生のマテリアルを増加させるということはないのではないかと筆者は思う。言い換えれば、(レッシグの熱心なフォロワーではない)コンテンツ作者が自分の作品をクリエイティヴ・コモンズにする動機付けが非常に弱いと思うのである。また、クリエイティヴ・コモンズを巡る一連の議論も、テクニカルな法律論が多く、そもそもなぜクリエイティヴ・コモンズにするのか、という点に関して十分な議論がなされてきたとは思えない。

ではどうしたらよいのか、ということについて筆者なりに少し考えてみたのだが、あまりうまい考えは浮かばなかった。歴史的にうまくいったのは、魅力的なコンテンツ(GNU ソフトウェア、そして Linux カーネル)をいわば餌として、著作権とコピーレフトという梃子を活用した RMS の戦略だが、それにShare Alike 属性が主張されていたからといって、クリエイティヴ・コモンズにしてまでどうしても自分(ことに営利企業)が自分の作品に取り込みたいと思うようなコンテンツはあり得るのだろうか。

そんなわけで、筆者としては、このような暗い見通しを持っているのだが、あと数年で、このような見通しを吹き飛ばすような普及をクリエイティヴ・コモンズが遂げてくれればと願うばかりである。

投稿者: mhatta

A rapidly-aging old-school geek in Japan.