「オープンソース」と呼ばないで

「オープンソースソフトウェア」のライセンスは「オープンソースの定義」に準拠している。では、ライセンスが「オープンソースの定義」に準拠していれば果して「オープンソースソフトウェア」なのか?

「オープンソース」と呼ばないで、という時、二種類の状況が考えられる。「オープンソースの定義」に即したライセンスが適用されていないのに「オープンソース」と呼ばれている場合、そしてたまたま「オープンソースの定義」に即したライセンシングだが、著作権者の意志としてはそう呼んでほしくない場合である。

前者に関しては他で述べたのでここでは繰り返さない。基本的に定義は尊重すべきなので、「オープンソースの定義」にそぐわないライセンスのものをオープンソースと呼ぶべきではない、というのが筆者の一貫した意見である。しかし、後者は論考に値する。

結論を先に言えば、筆者としては、これは基本的には正当な要求だと思う。ゆえに、もし筆者がライセンシーであれば、著作権者の意志を極力尊重するし、彼のソフトウェアを「オープンソースソフトウェア」と表現することもない。ちなみに、筆者は多くの場合、個々のソフトウェアを「オープンソースソフトウェア」などと総称せず、例えば「GNU GPLが適用されたソフトウェア」「BSDライセンスが適用されたソフトウェア」などと具体的に適用されたライセンスを冠し、事実関係のみを述べるようにしている。異なった由来のソースコードを混ぜるとライセンス間の矛盾が発生する可能性があるので、本格的に(外部へのリリースを前提とした)ハックをしたければどのみち個々のライセンスまで立ち入る必要があるからだ。余計な混乱を招かずに済むので、個人的には皆さんにもこのような態度をおすすめしたい。

とはいえ、著作権者とライセンシーの関係は、基本的にはライセンスに記載された条項によって決まる。ゆえに、ライセンスに「利用するならオープンソースと呼ばないこと」という旨が書いていない限り、ライセンシーたるユーザが彼のプログラムを「オープンソース」であると表現しても、何も文句を言うことができないと筆者は思う。もちろん「お願い」することはできるし、筆者のようにそれを受け入れるライセンシーもいるだろうが、そうしないライセンシーを強制的に排除することは、「オープンソースの定義」に準拠したライセンスを採用している限り不可能である。

したがって、どうしても「オープンソース」と呼ばせたくなければ、ライセンスにおいてその旨書いて(違反による契約終了があり得るという形で)一定の強制力を担保しておく必要がある。ところが、このような条件をライセンスに入れると、当然「オープンソースの定義」に抵触するので、そもそもオープンソースとは呼べなくなる。これはこれで良い、という人と、そこまでしたくはない、という人がいるだろう。

一見妙な事態のように思えるが、これに似た事態は最近そこかしこで起こっている。例えば最近では、個人的にこっそり書いていたウェブ日記に外部からリンクを張られ、結局日記をやめてしまう、といったことがあるらしい。基本的には、ウェブにおいてリンクを張るのは張る人の自由であって、リファラではじくなど技術的に可能な対策を採らなかった書き手が悪い(そもそもなぜウェブで日記を書こうと思ったかも一考に値する)のだが、同情する余地はある。そこで、あえてリンクを張らずにそっとしておいてやる、というのもひとつの「モラル」としてはありうるだろう。

筆者は社会学に明るいわけではないので、そう呼ぶのが本当に適切なのか分からないのだが、話によるとこれは社会学者ゴフマンの提唱した「儀礼的無関心」という概念に近い例だと言う。とすると、本稿で扱っているような「ライセンスでは規定されていないがあえてオープンソースと呼ばない」という行為も、「儀礼的無関心」の一例として考えられるかもしれない(「儀礼的無関心」については以下のリンク集が大変参考になる)。こういった「モラル」の推奨に、オープンソースのより一層の普及に資するところがあれば、それはそれで意味があることだと考えられる。

しかしながら筆者の考えでは、この種の問題で本当に大きな問題となっているのは何かというと、ようするに「オープンソース」という言葉に良かれ悪しかれ過剰な意味づけをしている人々が存在するということである。困るのは、オープンソースを批判する向きのみならず、擁護する側にもおかしなことを言う人々がいるということだ。オープンソースというのはソースコードが「オープンソースの定義」で規定された特定の状態に置かれているというだけのことであって、社会改革運動でもなければ何でも出てくる魔法の小槌でもない。自分が書いたコードの断片を、「オープンソースの定義」に準拠したライセンスの下で公開すると、突然「オープンソース運動」(というのがそもそも人によって指すものが違うので個人的にはさっぱり分からないのだが)とやらの闘士になってしまうというのは、筆者でもごめんこうむりたい。

「オープンソース」のよいところは、倫理的に正しいから、あるいは世のため人のためになるからともかくやるんだ、などという著作権者の積極的なコミットメント、端的に言えば自己犠牲を必ずしも必要としないという点にある。基本的に、自分の書いたものを「オープンソース」にするというのは、自分の得になると考えられるからそうするのだ。自分が納得できない事柄に無理にコミットする必要はない。本当はそうしたくないのに、自分が権利をもつ部分に関してライセンスを無理矢理「オープンソースの定義」に合わせるなどというのは本末転倒であろう。筆者自身は「オープンソースの定義」で規定されたくらいの「自由」がユーザに認められていないといろいろ不都合があると思っているが、別に皆さんが無批判にそれを受け入れる必要はないのである。もちろん高貴な利他の信念に突き動かされて行動したり、さすがにそこまでいかなくても損得抜きで自分の努力を「おすそわけ」したいという人がいてもよい。動機や内面は、それこそ個人の自由であり、他人が容喙すべきことではない。

こういった理解を普及させるためには、これまで以上にオープンソースの正しい意味と定義について粘り強く説明していかなければならない。そうして妙な意味づけをじょじょに無くしていけば、不必要な抵抗感を持つ人もいなくなるだろう。そうなれば、そもそもこの種の問題を論じる必要さえなくなるだろう。

投稿者: mhatta

A rapidly-aging old-school geek in Japan.